一目均衡表テクニカル

[04/04 09:32]

コード:998407  企業名:日経平均株価(日経225)

 SMBC日興証券はテクニカル分析で、「新たな強気相場の始動に備える」 0pt

新たな強気相場に備える、5月か7月まで調整後、新たな上昇上昇局面入り

日経平均株価は4月1日まで4営業日で970円の値下がり、米国株が堅調でも円高が日本企業の業績を押し下げる警戒感から売り優勢になってきた。一部の市場関係者からは押し目買いが入りやすいという楽観的な意見や、2月からのリバウンド終了という厳しい見方も出ている。

SMBC日興証券はテクニカル分析リポートで、「新たな強気相場の始動に備える」が市場関係者の間で話題となった。同証券では「日経平均株価は5月か7月まで調整した後に、その後は新たな上昇局面入りか」とリポートで解説している。

東証REIT指数、東証マザーズ指数が2月以降、短期波動が右肩上がりに転換していること、5月以降の早期高値更新の可能性も含んだ解説となっている。


一目均衡表チャートから注目株をスクリーニング

FX ポータル


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


※会員登録がお済の方はログインしてください。

ここからのコンテンツは有料となっております。記事前文を読むには下記に従ってご購読ください。
すでに会員登録がお済みの方は、会員用購読ボタンより、非会員の方は非会員用購読ボタンより記事購読を行ってください。