一目均衡表テクニカル

[06/16 14:31]

コード:998407  企業名:日経平均株価(日経225)

 日経平均株価は売りシグナル、一目均衡表の三役陰転で月内に1万4865円の可能性 100pt

日銀金融政策決定会合で「現状維持が決定」と伝わると、マーケットはボラティリティが高まった。外国為替市場では、これまでの105円台ラインを突破して104円台に一気に円高となり、日経平均は500円超の急落で1万5400円台の安値をつけている。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、「13日の急落で日経平均とTOPIXの遅行スパンが26日前の水準を下回った。これにより三役陰転を示現、典型的な売りシグナル発動であり」とテクニカル分析をしている。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

連続増配企業スクリーニングリストはこちら


※会員登録がお済の方はログインしてください。

ここからのコンテンツは有料となっております。記事前文を読むには下記に従ってご購読ください。
すでに会員登録がお済みの方は、会員用購読ボタンより、非会員の方は非会員用購読ボタンより記事購読を行ってください。