株式ストラテジー

[07/13 14:30]

コード:998407  企業名:日経平均株価(日経225)

 国内大手証券は来週一杯は相場が堅調、最大1か月程度は上昇の余韻が 0pt

今週は相場の流れが急変、7月11日、12日の2営業日で日経平均株価は988.67円も上昇した。今朝も迫力のある上昇スタートとなったが、午後は上げ幅を縮小。

国内大手の大和証券は、東証一部の騰落レシオに注目。「騰落レシオのピークアウトは7月22日頃にピークアウトが見込まれるので、来週一杯は相場の堅調を前提」と、目先の相場見通しが強いことを予想している。

さらに騰落レシオが140%前後まで達した場合、「株価上は更に1か月程度は上昇の余韻が残る展開が期待できる。」と解説している。

◆英国EU離脱でどうなる日本株?緊急レポート
1)SMBC日興 英国のEU離脱、来週の見通し
2)楽天証券【緊急レポート】BREXIT投票後の日経平均
3)楽天証券【緊急レポート】英国のEU離脱が確定 これから起こることは?
4)日経平均株価は一時的に14000円近辺への下落を視野に
5)大和証券 緊急特番「英国EU離脱 市場への影響は」
6)マネックス EU離脱となった英国民投票の結果を受けて
メールマガジン登録でご覧になれます、詳細はコチラ

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ




※会員登録がお済の方はログインしてください。

ここからのコンテンツは有料となっております。記事前文を読むには下記に従ってご購読ください。
すでに会員登録がお済みの方は、会員用購読ボタンより、非会員の方は非会員用購読ボタンより記事購読を行ってください。