株式ストラテジー

[07/28 08:25]

コード:998407  企業名:日経平均株価(日経225)

 FOMCは金融政策の現状維持、「FRBは利上げを急がない」との見方 0pt

FRBは7月26日〜27日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、金融政策を現状維持、利上げを見送った。大方市場コンセンサス通りでノーサプライズ、外国為替市場は28日、シドニー時間で1ドル=105円25銭で始まった。

FOMCの結果を受けてマーケット参加者は、次の日銀金融政策決定会合へと焦点が定まる。前日には景気対策28兆円、50年国債の発行とマスメディアが報じたため、「ヘリコプターマネー政策に似通っている」との見方が強まり急激な円高になった。

6月、4月とも日銀追加金融緩和期待を海外マスメディアが事前に盛り上げ、日銀が政策現状維持とするとマーケットが急落、「円高・株安」となった経緯があるだけに、投資家は内容をしっかり見てから行動をとりたいという気持ちが高まっている。


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

読んでおきたいオススメ注目レポート

1)ノムラ個人投資家サーベイ(2016年7月)

2)米大統領選〜トランプリスクと今後の見通し

3)外国人投資家が注目する東証マザーズ銘柄はコレだ!?

4)テクニカル分析マンスリー、歴史は繰り返す

5)キャピタルグループ:株式市場の下落を乗り越えるポイント

6)「参議院選挙」の結果の読み方 (日本) (三井住友アセットマネジメント)

7)簡単解説!英国のEU離脱(Brexit)

8)そもそもBrexitって何?

メールマガジン登録完了で上記レポートがご覧になれます。


※会員登録がお済の方はログインしてください。

ここからのコンテンツは有料となっております。記事前文を読むには下記に従ってご購読ください。
すでに会員登録がお済みの方は、会員用購読ボタンより、非会員の方は非会員用購読ボタンより記事購読を行ってください。