株式ストラテジー

[12/30 14:12]

コード:3541  企業名:農業総合研究所

 新興市場注目銘柄、国内証券が2017年注目株を4社リストアップ 0pt

今年のIPO件数は上場基準の厳格化、年前半の株式市況低迷で少なかった。景気の凹んだ局面に上場した企業は翌年株価が上昇する傾向があるという。

証券ジャパンが2017年、新興市場注目銘柄を4社採りあげてレポートで紹介している。

農業総合研究所(3541)
全国の農産物生産者から野菜、フルーツを集荷してスーパーマーケットなどで委託販売システムが主力。主な取引先に、ヤオコー、いなげや、イズミヤと安定取引先を持つ。生産者の顔が見える野菜として人気ブームになっている。

チエル(3933)
タブレット、電子黒板などデジタル教材を手掛け、国も能動的学習推進が追い風。教育現場のICT化や、ベトナムでは語学教育システムが国家プロジェクトのひとつとして採用されている。

エボラブルアジア(6191)
オンライントラベルエージェンシー(OTA)業界で国内航空券取扱トップ、特色としてOTAでLCC4社、スカイマークを扱うのは唯一、エボラブルアジアだけで、インバウンド特需向けに民泊サイトを開設。ベトナムではITオフショア開発も手掛けている。

ストライク(6196)
公認会計士、金融機関出身者を集めM&A仲介、助言、コンサルティング。実績と豊富な経験者を抱え、M&Aマッチングサイト「SMART」を展開している。



TBCSCAT初値4500円、公開価格の3.2倍、終値はストップ安売り気配
2017年ドル円相場は1ドル120円突破予想、シカゴ先物筋の手口に注意
5%ルール大量保有報告書 キーエンス(6861)-滝崎武光(キーエンスの創業者)
カジノ関連銘柄、国内証券がグローリー目標株価2800円→4000円

買いシグナル・売りシグナルがわかるチャート投資法

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


※会員登録がお済の方はログインしてください。

ここからのコンテンツは有料となっております。記事前文を読むには下記に従ってご購読ください。
すでに会員登録がお済みの方は、会員用購読ボタンより、非会員の方は非会員用購読ボタンより記事購読を行ってください。