前引け&大引け市況

[05/17 16:02]

コード:7448  企業名:ジーンズメイト

 大引け市況:ジーンズメイト(7448)、夢展望(3185)がストップ高、エムアップ(3661)は13日連続高 0pt

大引けの日経平均株価は104円94銭安の19814円88銭、TOPIXは8.41ポイント安の1575.82ポイントで終了。東証一部の出来高は19億6447万株、売買代金は2兆4927億円、値上がり銘柄数630、値下がり銘柄数1287、変わらずは98、任天堂(7974)が株価3万円回復、ジーンズメイト(7448)、夢展望(3185)などRIZAPグループ(2928)傘下企業がストップ高。

昨日に続き2日連続で東証一部市場の値上がり率ランキング1位はジーンズメイトがストップ高、夢展望もストップ高となり市場では「RIZAPグループ企業」が注目された。任天堂が株価3万円を回復し、東京エレクトロン(8035)、日立国際電気(6756)など半導体関連株は銀行系大手証券のレーティングで大幅高、うるる(3979)、ティーケーピー(3479)、ソレイジア・ファーマ(4597)が上場来高値を更新。

あいホールディングス(3076)は監視カメラ普及拡大で国内証券が目標株価を大幅に引き上げ株価上昇、UTホールディングス(2146)は国内証券がレーティング新規「A」としたことが好感されて買われた。任天堂株価上昇で玩具卸大手のハピネット(7552)が注目され、エムアップ(3661)は13日連続高が話題となった。

売買代金ランキングでは三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、みずほフィナンシャルグループ(8411)などメガバンクが軟調、トヨタ自動車(7203)、SUBARU(7270)、ホンダ(7267)など自動車株は円高が売り手掛かり材料にされて値下がり、ファーストリテイリング(9983)、第一生命(8750)、KDDI(9433)、NTT(9432)、ファナック(6954)、野村證券(8604)などが値下がりとなった。





ビットフライヤー




※会員登録がお済の方はログインしてください。

ここからのコンテンツは有料となっております。記事前文を読むには下記に従ってご購読ください。
すでに会員登録がお済みの方は、会員用購読ボタンより、非会員の方は非会員用購読ボタンより記事購読を行ってください。